コスモスマートビークルが口コミで評判の理由

カーリースをお考えならコスモスマートビークルがオススメ!
毎月定額の支払いで車検代、メンテナンス代、税金代も含まれているから安心感が違います。

 

車検時や保険料などまとまったお金が必要な時ってやっぱり困ってしまいますよね?
心の準備はしているつもりでも何万円もしくは10万円以上のお金を用意しなくてはならないのですから車の維持費って本当に大変…と改めて認識される方も多いのではないでしょうか?

 

車離れもかなり深刻でマイカーを持たずに過ごす若者も多いようです。
残価設定ローンやカーシェアなども流行りつつありますが、今人気急上昇中なのがカーリースで新しい車に乗るという方法!

 

カーリース?というと法人・会社というイメージがありますが、今は個人でのカーリースも本当に多く、ママが乗る軽自動車も人気車種の1つとなっています。家族で所有する2台目の車などに頭金などまとまったお金のいらないコスモカーリースでのカーリースを利用される方が多いんです。

 

 

今爆発的に人気のコスモカーリースはこちら!!

 

 

コスモ「スマートビークル」※評判・口コミ・審査情報!

 

【個人でカーリースを利用する方が急増中!!】

 

契約満了時まで、常に定額でクルマに乗れるのが最大のメリット!!
車検やメンテなどでお支払いが増えることなく、安心してカーライフを楽しめます。

 

■  まとまったお金の用意なしでOK
■  車検・メンテナンス代も掛からず常に定額で車に乗れる!
■  不意のメンテナンス品も全て自己負担0円
■  新車も中古車も取り扱い!
■ ガソリン最大10円/リッター引き!

 

デメリット
■ 1つの車を長期間乗る予定の方はカーリースよりも購入がお得。

 

 

車両代はもちろん税金も、車検代も、メンテナンス・修理代もコミコミで毎月定額で車に乗れるのはカーリースならではのポイント。購入するよりもかなりお得にマイカーを持つことが可能です♪

 

 

>>個人カーリースの詳細はこちらから!!<<

 

 

【法人でカーリースでコスモスマートビークルを使うと…】

 

■ 車に掛かる費用が全て経費に計上できる
■ 国産車全ての中から車を選ぶことができる!
■ ガソリン最大ガソリン最大10円/リッター引き!
■ 不意なメンテナンスも全て自己負担0円

 

法人なら絶対にカーリースがおススメ。
最新の車を最もお得に乗れるのはコスモスマートビークルのカーリース!!

 

>>法人カーリースの詳細はこちらから!!<<

 

 

 

コスモ「スマートビークル」※評判・口コミ・審査情報!

 

スマートビークルを利用している人の口コミ
スマートビークルで嫁のムーヴを使っています。スマートビークルはガソリン代も安くなるし、車検等の細かい経費もありませんので結構楽に車を維持できます。スマートビークルを利用して嫁もよかったといってますね。家計が少しでも楽になった^^と。
スマートビークルだけでなくいろんなところから見積もりもらったのですがスマートビークルが安かったですし、対応もよかったのでスマートビークルに来ました。

 

スマートビークルでクラウンを利用している人の口コミ
スマートビークルは法人でもリースできるのでスマートビークルで借りています。毎月固定ですので経費がかさばらないですし、車検時の心配もいらないので安心ですよ。個人の車もスマートビークルで借りようか検討しています。

 

スマートビークルのいいところはやはり諸経費がかからないというところですね。特に車検には結構多い来なお金がかかりますから大変ですよね?それを毎月のリース代で賄っていると思えばスマートビークルを使うのもよい方法でしょう!

タンドラという車をスマートビークルでリースしてみる

日本の自動車企業は世界的に有名になったこともあり、海外向けの車などを販売していますよね。

 

その中の1つとして北米トヨタが販売を行っているフルサイズピックアップトラック「タンドラ」を今回は紹介していきたいと思います。スマートビークルでもお見積りすることが可能です。

 

タンドラは元々日本から北米向けに輸出されていたT100という車の後継車として開発され1999年に登場しました。先代にあたるT1000と同様に(スマートビークルにはありません)タンドラは日野自動車が開発を担当しており、生産は北米にあるインディアナ工場が行っています。
スマートビークルの詳細はこちら
車名であるタンドラというのは、シベリア北部や北海道の沿岸などの寒帯地域のことを指すスマートビークルからとられています。
このタンドラは同じく北米トヨタが販売しているタコマと同様にトヨタマークがリアに使われておらず、テールゲートにアルファベットでTOYOTAと記されています。

 

2007年には2代目タンドラの販売が開始され(スマートビークルにはありません)、その攻撃的な感じのするスタイルやハイパワーエンジンが受けてタンドラは売り上げを伸ばしました。しかし現在は原油高やリーマンショックの影響などから他社同様売り上げが伸び悩んでいるようです。
日本では中々見かける事のない車ですのでスマートビークルでリースもてでしょうが、スマートビークルにも扱っていない車種がありますので、スマートビークルのHPで調べてからがいいでしょう。

テルスターをスマートビークルで借りる

テルスターは、米国の自動車会社であるフォードから販売されている自動車です。スマートビークルで扱っているかな?
米国製の車種とはいえ、その車体には日本の自動車会社であるマツダが制作したカペラ、クロノス、MS−6などの自動車をベースとした車体となっており、さながら日系アメリカ車といった感じの雰囲気を覚える車でしょう。こちらはスマートビークルにあります。
開発の経緯としてはフォードとマツダが1979年に資本提携し、アジア、オセアニア、ア環太平洋地域向けの小型車の開発生産をマツダに任せることにし、企画されたのがスマートビークルです。

 

提携開始の1979年から開発始られ初代のテルスターは1982年に製造販売が開始されました。そのご順調に代替わりして、2001年までテルスターは製造販売されてきましたが、2001年に生産は終了しています。スマートビークルはこの2001年で製造が終了したモデルが最後に、シリーズの方も終了してしまったのです。
因みに名前のテルスターは、アメリカが1962年に打ち上げた送受信型通信衛星の名前からとってテルスターという名前になったのだそうです。
このように、テルスターは日本とアメリカの自動車会社の間で生まれた特殊な自動車となっています。
スマートビークルでもあまり見かけることはなくなってしまいましたね…ちなみの中古車ではノア 中古が人気です。

更新履歴